1・2の三四郎

8.5

キャラクター

8.5/10

ストーリー

8.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

9.0/10

作品の良い点

  • 小林まことの初連載作品
  • 巻数を進める毎に作画がぐんぐん上達していく
  • 登場キャラ全般がさわやかで好感が持てる
  • 独特のギャグ感が面白い
  • 色んな面白い要素が用意されている
  • 作者のプロレス愛が凄い
  • プロレスをテーマした珍しい漫画

作品の悪い点

  • 初期は作画が安定していない
  • 絵柄が古い

 

作者:小林まこと
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン
連載開始:1978年連載開始
連載終了:1983年連載終了
巻数(全巻):全20巻 (マガジンKC)(11巻~20巻以内
       全12巻 (ワイドKC)
       全12巻 (講談社漫画文庫)
       全12巻 (復刻版)
ジャンル:プロレス
あらすじ:

おれが日本一の闘魂男、東(あずま)三四郎だ!得意技はブレーンバスター、勝負したいヤツはいつでもきなさい!私は誰の挑戦でも受ける!!ラグビーの腕は超一流なのに、なぜか柔道部に所属、しかも趣味はプロレスというヘンなヤツ、三四郎の爆笑学園コミック!

スポンサーリンク