あぶさん

7.8

キャラクター

8.0/10

ストーリー

5.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • あぶさんが魅力的で好感が持てるキャラクターをしている
  • あぶさんを中心とした様々な人達のドラマがたくさん描かれている
  • 初期のハチャメチャっぷり、破天荒っぷりが良かった
  • 野球描写など色々なもの全てに迫力があった

作品の悪い点

  • 長過ぎる
  • 内容的にダレてる部分が多々ある
  • 途中からマンネリ化し展開がワンパターンになっている
  • 止め時を見失ってしまった感が強い

 

作者:水島新司
出版社:小学館
掲載雑誌:ビッグコミックオリジナル
連載開始:1973年連載開始
連載終了:2014年連載終了
巻数(全巻):全107巻(51巻以上
ジャンル:野球
あらすじ:

高校時代に二日酔で特大ホームランを放った事もある景浦安武(かげうら やすたけ)は、大阪の大衆酒場で酒を浴びる日々を送る。しかし、あぶの恩師・岩田鉄五郎は安武の天才的な打撃センスが忘れられず、あぶを南海ホークスに入団させる。

酒豪の強打者・「あぶさん」こと景浦安武の一代野球人生記。

Amazon参照

スポンサーリンク