エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-

7.6

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

6.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • ドラゴン桜の外伝。前作からのキャラが多く登場する
  • 日本の社会問題や現状に示唆があり考えさせられる
  • 転職を考えている人にはぜひ読んでほしい
  • 自分の市場価値の相場はどれくらいか考えさせられた
  • 読めばビジネスのモチベーションに繋がる
  • 働くことに対する夢と厳しい現実の狭間で、どう生きるべきか考えさせられる

作品の悪い点

  • 相変わらず作画がヘタ
  • 意見の押しつけ

 

作者:三田紀房
出版社:講談社
掲載雑誌:モーニング
連載開始:2007年連載開始
連載終了:2010年連載終了
巻数(全巻):全14巻(11巻~20巻以内
ジャンル:就職・転職
あらすじ:

今の仕事に悩んでないか!? 転職を考えているなら……その時こそが人生の転機だ!! 龍山高校英語教師・井野真々子(いの・ままこ)は、転職代理人の海老沢康生(えびさわ・やすお)と出会った。そして、彼の話にひかれ転職を決意。選んだ職業は、海老沢と同じく転職代理人!! メディアに騙されるな、イメージに惑わされるな。これは社会人のための“ドラゴン桜”だ!

スポンサーリンク