ANGELIC LAYER(エンジェリックレイヤー)

7.2

キャラクター

8.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • エンジェル達がまさに天使
  • 個性豊かなエンジェルたち

作品の悪い点

  • ご都合が過ぎるような・・・
  • 戦闘描写が微妙

 

作者:CLAMP
出版社:角川書店
掲載雑誌:月刊少年エース
連載開始:1999年連載開始
連載終了:2001年連載終了
巻数(全巻):全5巻(4巻~5巻
ジャンル:メカ系バトル
あらすじ:

エンジェリックレイヤーとは、「天使」(エンジェル)と呼ばれる人形を卵状の入れ物から孵し、それを自分なりの天使に育てて戦う新感覚の格闘ゲーム。天使は、特殊な回路を利用してプレイヤー「操縦者」(デウス)のイメージしたものを受け取り、その通りに動く。開発者は三原一郎。
鈴原みさきは中学進学のために上京、その時偶然見かけたエンジェリックレイヤーに魅了される。開発者でもあるいっちゃんに導かれ即天使の卵を購入すると、生まれた天使にヒカルと名づけ、公式トーナメントに参戦する。みさきは生まれながらの才能を開花させ、初出場ながら次々と相手を倒していく。

Wikipedia引用

スポンサーリンク