あずみ

8.1

キャラクター

7.5/10

ストーリー

7.5/10

画力

8.5/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

8.5/10

作品の良い点

  • 戦闘シーンが派手で迫力があり、生々しさもあるのが良い
  • 戦国・江戸時代の殺伐とした時代背景をよく描写できている
  • あずみが強く美しくカッコいい
  • 独特だが味のある安定した作画
  • あずみの心の成長や葛藤などをしっかり描けている

作品の悪い点

  • アクションや性描写など、残酷で生々しい描写が多い
  • アクションや展開がややワンパターン
  • あずみが強すぎて緊張感に欠ける
  • 救いのない話が多い

 

作者:小山ゆう
出版社:小学館
掲載雑誌:ビッグコミックスペリオール
連載開始:1994年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数(全巻):全48巻(41巻~50巻以内
ジャンル:青年向け漫画江戸時代戦国時代バトル実在の人物
あらすじ:

少女のあずみを含む10人の子供達が、人里離れた場所で秘かに刺客として育てられていた。そして、彼らは爺の言葉をすべて正しいこととして疑うことを知らない、精鋭の刺客として育った。ある日、爺からいよいよ外界に出る時になったと告げられる。しかし、その前にこれまでの修業の総仕上げとも言うべき凄まじい試練が待っていた!

Amazon参照

スポンサーリンク