BOYS OF SUMMER(ボーイズオブサマー)

7.2

キャラクター

7.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

5.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 高校野球をテーマにスポットを当てた作品
  • 後の野球作品の原点が詰まっている
  • 色んな視点での高校球児のドラマが楽しめる
  • 試合だけでなく、練習風景や日常生活も描かれていて良かった
  • 三田紀房の野球漫画好きにはかなりおすすめ

作品の悪い点

  • 入手が難しい
  • 絵が粗い

 

作者:三田紀房
出版社:小学館
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ
連載開始:1991年連載開始
連載終了:1992年連載終了
巻数(全巻):全1巻(単巻
ジャンル:野球
あらすじ:

高校球児。彼らは野球選手であると同時に、青春真っ盛りの高校生でもある。 そんな当たり前のことを思い出させてくれる、高校球児10人にスポットを当てたオムニバス作品。
 
「プラカードガール」、「アンダーシャツ」、「狙い打ち」、「ダブルキャッチ」、「エースの秋」、「主将の憂鬱」、「雪舞う日々」、「ブルペン」、「捕手の夢」、「ウェイティングサークル」を収録。

スポンサーリンク