ジャンル別で探す

SF漫画の中でもサイバーパンクを題材とした完結漫画。 サイバーパンクとは、1980年代に成立したSFのサブジャンル、 もしくは特定の運動、思想のこと。近年の創作においては、人体の機械化や発達したAI、電脳世界などの発達したネットワークなど、情報処理テクノロジーが発展した社会・世界観を描いた作品を指す。一時はSFの中でも隆盛を誇ったサブジャンルだが、現実の技術発達・IT革命により、現実に追い抜かれてしまったり、現実が作者の想像を超える発展をしてしまったりなどして急速に普遍化してしまった。