ちびまる子ちゃん

8

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 今や国民的アニメとなった一大コンテンツの原点となる作品
  • 黄金時代である前半部分の内容が秀逸でとても面白い
  • 非常に癖が強く濃いキャラクター達
  • 作中のナレーター・解説が面白い
  • 作者の実体験を元にした内容が非常に斬新

作品の悪い点

  • キャラクターの性格がかなり悪かったりするので、人によってはかなり不快になったりする
  • 後半からのネタ切れ感と、ダラダラした内容
  • 話の内容・展開がかなり癖が強く人を選ぶ

 

作者:さくらももこ
出版社:集英社
掲載雑誌:りぼん、東京新聞等
連載開始:1986年連載開始
連載終了:2016年連載終了
巻数(全巻):全17巻(11巻~20巻以内
ジャンル:少女漫画小学校ものギャグ・コメディ日常系
あらすじ:

“さくらももこ”は小学3年生。とても小さくて女の子だから“ちびまる子ちゃん”とよばれている。 そんなまる子ちゃんが、おかしな家族の人たちや学校のお友だちとくり広げる、愉快な日常絵日記コミック。

Amazon参照

スポンサーリンク