Dの魔王

8.5

キャラクター

8.0/10

ストーリー

9.0/10

画力

8.5/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 原作小説を多少のアレンジはあれど、忠実にコミカライズしている
  • アレンジ部分も作品の雰囲気とぴったりはまっていて良い
  • スパイモノの醍醐味である相手との駆け引きの内容がよく練られている
  • コマ割りや構図が秀逸で、緊張感などをよく演出されている

作品の悪い点

  • 全体的に展開が結構駆け足気味
  • あまり派手で躍動感のある内容ではない

 

原作:柳広司 × 作画:霜月かよ子
出版社:小学館
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ → 月刊!スピリッツ
連載開始:2009年連載開始
連載終了:2010年連載終了
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:スパイミステリー青年向け漫画
あらすじ:

大日本帝国陸軍中尉・佐久間は、参謀本部からスパイ養成所「D機関」への出向を命ぜられる。そこでは「魔王」の異名を持つ凄腕スパイ・結城中佐のもと、語学、変装、暗号術、はたまた金庫破りや拷問演習に至るまで、軍人への教育とは思えない訓練が課せられていた。そんなD機関のあり方に、筋金入りの軍人である佐久間は戸惑いを隠せなかったが…!?

Amazon参照

スポンサーリンク