デュラララ!! 罪歌編

7.9

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 原作小説では解りにくかった部分も丁寧に描写されている
  • 前の章と比べると怖さ・緊張感のあるストーリー展開
  • 作画クオリティの向上
  • 個性豊かで魅力的なキャラクター達

作品の悪い点

  • 前章もしくは原作を読んでいることが前提の内容
  • やや不安定で好みの分かれる作画

 

原作:成田良悟 × 作画:茶鳥木明代 × キャラクターデザイン:ヤスダスズヒト
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊Gファンタジー
連載開始:2011年連載開始
連載終了:2013年連載終了
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:サスペンスファンタジー
あらすじ:

東京・池袋で起こった連続通り魔事件。その事件と時を同じくしてチャットに謎の書き込みをするH.N.“罪歌(さいか)”、その正体と目的とは――!? コミック版「デュラララ!!」新章開幕!!

Amazon参照

スポンサーリンク