ドカベン プロ野球編

7.6

キャラクター

7.0/10

ストーリー

5.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 水島ワールドと現実の融合というロマンある設定
  • 他の野球漫画にはなかなかない、細かい野球規則・審判ネタを扱っていて、作者の野球知識の深さが伺える
  • 細かい心理的な駆け引き描写

作品の悪い点

  • 話が全体的にグダグダ
  • 実在選手のストーリー内での扱いが酷い
  • 水島キャラクターたちだけが強すぎる
  • 色々な意味で無理がある内容

 

作者:水島新司
出版社:秋田書店
掲載雑誌:週刊少年チャンピオン
連載開始:1995年連載開始
連載終了:2004年連載終了
巻数(全巻):全52巻(コミック)(51巻以上
       全26巻(文庫)
ジャンル:野球
あらすじ:

ドカベン』『大甲子園』に登場した数々の高校球児たちが、今度は日本プロ野球の舞台で熱戦を繰り広げる。

明訓高校の主人公・山田太郎や岩鬼、殿馬、里中、微笑、土井垣をはじめ、不知火、土門、犬飼兄弟ら、ライバルたちも実在球団に入団する。

Wikipedia参照

スポンサーリンク