ドラゴンボール(DRAGON BALL)

10

キャラクター

10.0/10

ストーリー

10.0/10

画力

10.0/10

演出力・構成力

10.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 漫画というメディアをこの作品が究極の娯楽にまで進化させた
  • 漫画界至高の遺産。レジェンド
  • 世界中の人たちに影響を与えた
  • 他の追随を許さない圧倒的なレベル
  • アイディアの宝庫
  • 一度は読むべきバイブル
  • いつ読んでも夢中になれる

作品の悪い点

  • 今読んだら普通かも
  • インフレが凄い
  • 一部キャラの考えが理解できない
  • 誰が一番強いみたいな作品に興味を抱けない層には合わない
  • 人の命を軽く見る描写が多々ある

 

作者:鳥山明
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:1984年連載開始
連載終了:1995年連載終了
巻数(全巻):全42巻(ジャンプコミックス)(41巻~50巻以内
       全34巻(完全版)
ジャンル:冒険活劇バトル
あらすじ:

地球の人里離れた山奥に住む尻尾の生えた少年・孫悟空はある日、西の都からやって来た少女ブルマと出会う。そこで、7つ集めると神龍(シェンロン)が現れ、どんな願いでも一つだけ叶えてくれるというドラゴンボールの存在を、さらに育ての親である孫悟飯の形見として大切に持っていた球がその1つ「四星球」(スーシンチュウ)であることを知り、ブルマと共に残りのドラゴンボールを探す旅に出る。

Wikipedia参照

スポンサーリンク