Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

7.4

キャラクター

8.5/10

ストーリー

8.0/10

画力

6.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

6.5/10

作品の良い点

  • キャラクターがカワイイ
  • 原案を知らなくても面白い
  • 原案を知っていると更に面白い
  • 原作愛・キャラクター愛に溢れていると感じる

作品の悪い点

  • 作画が結構粗い
  • ロリお色気要素がやや下品

 

作者:ひろやまひろし × 原案:Fate/stay nightTYPE-MOON
出版社:角川書店
掲載雑誌:月刊コンプエース
連載開始:2007年連載開始
連載終了:2009年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:魔法少女
あらすじ:

TYPE-MOONのビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』からのスピンアウト漫画作品。

冬木市の穂群原学園小等部に通う女の子イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、ある夜飛来してきたカレイドステッキの人工天然精霊・マジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。そして本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木に眠る強力な力を持つクラスカードの回収の手伝いをすることになる。
そんな中、凛の相方である魔術師ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトが、もう一つのカレイドステッキ・マジカルサファイアと契約した謎の少女・美遊を引き連れてイリヤの前に姿を現す。クラスカードには英霊を実体化させるという能力が施されていた。イリヤと美遊は魔法少女として英霊たちと戦って勝利しなければならない。当初はぎくしゃくしていたイリヤと美遊だったが、肩を並べて戦ううちに友情が芽生える。

Wikipedia参照

スポンサーリンク