Fate/Zero(フェイト/ゼロ)

7.9

キャラクター

8.5/10

ストーリー

8.0/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • ウェイバー&征服王の凸凹コンビが微笑ましかったりカッコよかったり、味があって良い
  • 原作への愛を感じる
  • バトル描写に力が入っており迫力がある
  • 登場人物にオッサンが多く、ハードボイルド
  • 巻末のおまけギャグ漫画が面白い

作品の悪い点

  • エログロ・スプラッタなシーンが多い
  • 絵や残虐描写が人を選ぶ

 

原案:Fate/stay nightTYPE-MOON) × 原作:虚淵玄 × 作画:真じろう
出版社:角川書店KADOKAWA
掲載雑誌:ヤングエース
連載開始:2011年連載開始
連載終了:2017年連載終了
巻数(全巻):全14巻(11巻~20巻以内
ジャンル:オカルト・伝奇ファンタジーバトル
あらすじ:

日本の地方都市・冬木市では、7人の魔術師マスターが、伝説上の人物(英霊)をサーヴァントとして召喚して相争う「聖杯戦争」を繰り返してきた。聖杯には、戦いの勝者の願望を叶える万能の力があるとされ、これまで三度の聖杯戦争が行われてきたが、聖杯の力を行使できた者はなかった。
1990年代のある年の秋。主人公・衛宮切嗣は、名家アインツベルンの委嘱を受け、セイバーのサーヴァントを召喚し、妻のアイリスフィール・フォン・アインツベルン、従者の久宇舞弥とともに四度目の聖杯戦争に身を投じる。切嗣は聖杯の万能の力によって世界平和を実現するため、非情に徹する覚悟で臨む。切嗣のほかには、魔術の総本山である英国から2人の魔術師ケイネス・エルメロイ・アーチボルトとウェイバー・ベルベットがそれぞれランサーとライダーを、冬木からは遠坂時臣とその弟子・言峰綺礼がそれぞれアーチャーとアサシンを、間桐雁夜がバーサーカーを召喚して参戦する。最後のサーヴァントであるキャスターは連続殺人犯の雨生龍之介によって偶然に召喚される。

TYPE-MOONの大人気ビジュアルノベルFate/stay night』の前日譚、第四次聖杯戦争を描いたスピンオフ作品のコミカライズ!!

Wikipedia参照

スポンサーリンク