鋼の錬金術師

9.9

キャラクター

10.0/10

ストーリー

10.0/10

画力

9.5/10

演出力・構成力

10.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • ストーリーや作画・キャラデザ・世界観など、どれをとっても最高峰の完成度
  • 魅力溢れるキャラクター達
  • 雑な扱いのキャラクターがいない
  • 主人公側の敵だが、大総統のカッコよさは異常
  • 作者がオッサン・筋肉好きなだけあって、良いオッサン・良い筋肉が描かれている
  • 伏線回収が秀逸

作品の悪い点

  • あまりダークファンタジー感はない
  • 実写がね・・・(漫画は最高)

 

作者:荒川弘
出版社:エニックス → スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊少年ガンガン
連載開始:2001年連載開始
連載終了:2010年連載終了
巻数(全巻):全27巻(コミック)(21巻~30巻以内
       全18巻(完全版)

       ガイドブック全3巻
       ガイドブック番外編全1巻
       キャラクターガイド全1巻
ジャンル:ダークファンタジーバトル
あらすじ:

幼い頃、亡くなった母・トリシャにもう一度会いたいという想いから、錬金術最大の禁忌とされる人体錬成を行った兄・エドワードと弟・アルフォンス。しかし錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体の全てを失ってしまう。エドワードは自身の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成して、鎧に定着させることに成功し、なんとか一命を取り留めることができた。身体と左足右腕を失うという絶望の中、兄弟は「元の身体に戻る」という決意を胸に、その方法を探すべく旅に出る―――

(アンケート)好きなキャラクターを1人選択してください

スポンサーリンク