ゴリラーマン

8.2

キャラクター

8.5/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.5/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 独特なヤンキーコメディ漫画。妙にリアリティある
  • 喋らない主人公だが存在のみで物語を面白くする
  • 作品に中毒性みたいなものがある。読み返してしまう
  • 無口で謎の多いゴリラーマンの謎に惹かれる
  • 取り巻く仲間たちとのやりとりが非常に面白い
  • 感情表現や心理描写を描くのが上手い
  • 喧嘩パートにもメリハリがある

作品の悪い点

  • いくつかの伏線は完全に回収されない
  • 主人公がブサイク

 

作者:ハロルド作石
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊ヤングマガジン
連載開始:1988年連載開始
連載終了:1993年連載終了
巻数(全巻):全19巻(ヤンマガKC)(11巻~20巻以内
       全12巻(文庫本)
ジャンル:ギャグ・コメディ不良・ヤンキー
あらすじ:

池戸定治(いけどさだはる)、ワケあって白武高に転校してきた。ゴリラーマンの異名をとる、ゴリラによく似た恐ろしい顔の、でも自分では鹿賀丈史(かがたけし)に似ていると思ってる謎の男だ。しかし白武高の生徒は、無口なゴリラーマンの、本当の恐ろしさをまだ知らない。ちょっと気づいているのは、隣のクラスの香織(かおり)ちゃんくらいだ。ゴリラーマンの周りで繰り広げられるバトルと笑いの日々を描いた傑作コメディー!

スポンサーリンク