乱と灰色の世界

8.1

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 独創的で強烈な作品の世界観が魅力的
  • キャラクターの心情描写やその変化が丁寧で見所
  • 主人公の乱の成長がよく描かれている
  • 独特なタッチの作画で、細かい部分も描き込まれている
  • 先が気になるストーリ展開

作品の悪い点

  • ややクセのある絵と、クセの強いキャラクターが多く好みが分かれる
  • いくつか伏線・疑問が残っている
  • 無駄にキスシーンが多い

 

作者:入江亜季
出版社:エンターブレインKADOKAWA
掲載雑誌:Fellows! → ハルタ
連載開始:2008年連載開始
連載終了:2015年連載終了
巻数(全巻):全7巻(6巻~10巻以内
ジャンル:ファンタジー
あらすじ:

10歳の女の子、漆間乱(うるま らん)には秘密があった。彼女にはサイズが合わない、だぼだぼのシューズ。これを履くと、みるみる変身! グラマラスな美しいオンナへと成長できる。「子どもはイヤ、早く本当の大人になりたいな」。ところがある日、変身後の姿のまま、乱は初恋に落ちてしまった! ……地方都市・灰町を舞台に、4人の魔法使いに起こった4つの大事件を描くマジック・アンド・ライフ。灰町に隠れて暮らす漆間一家に、幸せの日々が訪れるのはいつになることやら。

Amazon参照

スポンサーリンク