花の慶次−雲のかなたに−

8.8

キャラクター

9.0/10

ストーリー

9.0/10

画力

10.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 漢の生きざまに感動した
  • 個性あるキャラとおしみない表現が良い
  • 気分爽快、爽やかな気分になる
  • 北斗の拳とは違った男の世界
  • 美しさと優しさに溢れ、ロマンに満ちている
  • なんともいわれぬ風流さ

作品の悪い点

  • 前田利家の扱いが酷い
  • 原作小説の改変
  • 琉球以降が蛇足ぎみ

 

原作:隆慶一郎 × 作画:原哲夫
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:1990年連載開始
連載終了:1993年連載終了
巻数(全巻):全18巻(ジャンプコミックス)(11巻~20巻以内
       全10巻(文庫)
ジャンル:戦国時代実在の人物
あらすじ:

傾奇者(かぶきもの)の「傾く」とは、異風の形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛することを指す。時は戦国時代、天下一の傾奇者がいた。その男の名は前田慶次。戦国の世を、当代きっての傾奇者として生きた漢の奔放な生きざまを描いた爽快な物語。

スポンサーリンク