ひぐらしのなく頃に解 目明し編

8.6

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

9.5/10

オリジナリティー

9.0/10

作品の良い点

  • 綿流し編での謎が明かされる
  • 明るくゆるふわな日常から狂気の非日常への物語の緩急・ギャップが凄い
  • 詩音の狂気など負の要素の表現・演出が秀逸
  • 良くも悪くもエゲツない

作品の悪い点

  • グロ描写有り
  • キャラがあまり描き分けられてない
  • 魅音と詩音の区別がつきにくい

 

作者:竜騎士07 × 作画:方條ゆとり
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊ガンガンWING
連載開始:2006年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数(全巻):全4巻(4巻~5巻
ジャンル:サスペンス田舎
あらすじ:

昭和57年、園崎詩音は全寮制の聖ルチーア学園を抜け出し、生まれ故郷の雛見沢に帰ってきた。園崎家にばれることを恐れ、興宮で魅音のふりをして生活することにした詩音は、魅音のクラスメイトの北条悟史と出会う。魅音として悟史に接しているうちに、詩音は少しずつ悟史に惹かれていく。
綿流しの晩、悟史の叔母が殺され、その容疑者として悟史が疑われた。悟史が警察に連行されるのを止めるため、詩音はとっさに自らの正体を明かし、嘘のアリバイを証言してしまった。そのことはすぐに園崎家に伝わるが、詩音はあるケジメをうけることで何とか許された。しかし、彼女を待っていたのは悟史が失踪したという事実だった。詩音は園崎家の仕業と考えるが、魅音も同じケジメを受けていたことを知り、園崎家の仕業ではないと思い直す。そして、詩音は自分の中の鬼と悟史への恋心を、心の奥底へと封印した。
それから一年後、魅音からある話を聞いたことで詩音の中の鬼が目を覚ました。さらに5年目の綿流しの晩におきた事件により、詩音の中の鬼が暴走を始めた。
そして、悲しい復讐劇の幕があがった。

ひぐらしのなく頃に 綿流し編の解答編にあたる。

Wikipedia参照

(アンケート)好きなキャラクターを1人選択してください。

スポンサーリンク