ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

8.2

キャラクター

8.5/10

ストーリー

8.0/10

画力

6.5/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

9.0/10

作品の良い点

  • 演出が怖くて迫力ある
  • 原作の怖さをよく再現している
  • 緩急・ギャップがすごい
  • 個性豊かなキャラクター達

作品の悪い点

  • グロ描写有り
  • 若干作画が不安定

 

原作:竜騎士07 × 作画:鈴羅木かりん
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:ガンガンパワード
連載開始:2005年連載開始
連載終了:2006年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:サスペンスホラー田舎
あらすじ:

昭和58年。東京から人口2000人弱の寒村・雛見沢村へ、両親と共に転居した少年・前原圭一は、村での生活を満喫していた。
そんなある日、圭一は分校の同級生・竜宮レナの趣味である「宝探し」に付き合うことになり、村外れにある廃棄物の山へ向かう。レナの目当てである「ケンタくん人形」救出に手間取る中、レナが自宅へ道具を取りに戻っている間に、圭一は写真家・富竹ジロウと出会う。
富竹から、かつてこの地で予定されていたダム計画とその最中に発生した未解決のバラバラ殺人事件について聞かされた圭一は好奇心を抑えられなくなり、その場にあった掲載雑誌の束から5年前に発生した事件の概要を知る。そこから少しずつ、楽しかった日常は狂いだしてゆく―――。

大人気サウンドノベルゲーム「ひぐらしのなく頃にシリーズ」出題編の第1弾コミカライズ。

Wikipedia参照

スポンサーリンク