ひとりずもう

8.2

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 作者・さくらももこが自身の青春時代を描いたエッセイ漫画
  • 作者の体験などをもとに描かれる内容に、自分と重なる部分や共感できる部分がある
  • 「まる子」が「さくらももこ」へと成長していく過程がよく描かれている
  • 元になったエッセイより表現が柔らかく、絵なので読みやすい

作品の悪い点

  • 元になったエッセイの方より毒がないので、物足りなく感じることも

 

作者:さくらももこ
出版社:小学館(連載)、集英社
掲載雑誌:ビッグコミックスピリッツ(不定期連載)
連載開始:2006年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:自伝青春
あらすじ:

ちびまる子ちゃん」では永遠の小学3年生。でも、現実のまる子は成長していき、思春期を迎えていく。
小5から、中学、高校―――――“まる子”だった著者が、“さくらももこ”になるまでの、その後を描くほのぼの成長記。おなじみのメンバーも登場! 描き下ろしエッセイ「ひとりずもう」のコミック版。

Amazon参照

スポンサーリンク