ハチミツとクローバー

7.9

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 相手を思いやる心の大切さを確認させられる
  • 個性あるキャラの不器用な様子や歯がゆい恋愛模様の描写が素晴らしい
  • シリアス面も程よい
  • ふわふわした雰囲気と作画がマッチしている
  • ポエム好きにはたまらない作品
  • 青春で胸キュン

作品の悪い点

  • 登場キャラ全員がピュア過ぎる
  • ふわふわした甘い恋愛を好まない人には向いていない
  • 男性視点と女性視点での作品について価値観が分かれる
  • 読んでいて若干の恥ずかしさを感じる

 

作者:羽海野チカ
出版社:宝島社集英社
掲載雑誌:CUTiEcomic → ヤングユー → コーラス
連載開始:2000年連載開始
連載終了:2006年連載終了
巻数(全巻):全10巻(6巻~10巻以内
ジャンル:大学もの青春ラブコメディ
あらすじ:

美大生・竹本祐太は同じアパートに暮らす先輩の森田忍や真山巧らに囲まれ大学生活を送っていた。

美大一の「変人」で「問題児」として知られる森田に振り回される毎日を過ごす竹本と真山。森田は時々大学に来なくなり、しばらくすると憔悴しきった姿でわけのわからないお土産と途方もない大金を手に戻ってくる。だが、森田は竹本や真山の食事や寝床を奪うなど傍若無人に振る舞い、金のことには一切触れようとせず、竹本らと貧乏暮らしをしていた。周囲の誰もが認めるクリエーターとしての高い才能を持ちながら、その才能に真摯に向き合おうとはしない森田に周囲はやきもきさせられる。

Wikipedia参照

スポンサーリンク