鬼灯さん家のアネキ(+妹)

6.4

キャラクター

6.5/10

ストーリー

5.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

6.5/10

オリジナリティー

6.0/10

作品の良い点

  • ハルを筆頭にキャラクターが更にエロくなっている
  • エロを作品に求めている人にとっては良い方向転換をしたかも
  • 女性キャラクターのデザインが良い

作品の悪い点

  • 続編なので前作を読んだことを前提とした内容
  • 前作と比べ下品さ生々しさがパワーアップしていて、もはやただのエロ漫画となっている
  • 続編の割にキャラクターの性格だったり色々と別物
  • 色々と崩壊しているので前作が好きだった人にはお薦めしにくい

 

作者:五十嵐藍
出版社:KADOKAWA角川書店
掲載雑誌:ヤングエース
連載開始:2014年連載開始
連載終了:2018年連載終了
巻数(全巻):全8巻(6巻~10巻以内
ジャンル:青年向け漫画ギャグ・コメディ日常系4コマ漫画
あらすじ:

鬼灯さん家のアネキ」の続編。

相変わらずエロい鬼灯家のアネキ・鬼灯ハルと、相変わらずアネキが好きすぎてたまらない吾朗。血の繋がっていない彼らのドタバタに、さらに吾朗とは血が繋がっていないハルの年下の親戚・葵が乱入して――――!?

Amazon参照

スポンサーリンク