鬼灯さん家のアネキ

7

キャラクター

7.5/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

6.5/10

作品の良い点

  • 可愛くてSな姉とオタクでMな弟のちょいエロ日常ギャグが、たまらない人にはたまらない
  • ハルは義理の姉が欲しい人にとってはドンピシャなキャラクターだと思う
  • 内容的にも長すぎない程度のちょうどいいボリュームの作品

作品の悪い点

  • 結構ストレートに下品な描写などが多い
  • 徐々にオチがワンパターンになってマンネリ化していく
  • 響かない人には全く響かない設定・内容
  • 中盤から微妙に方向転換して、終わりは特にオチもなく中途半端

 

作者:五十嵐藍
出版社:角川書店
掲載雑誌:ヤングエース
連載開始:2009年連載開始
連載終了:2011年連載終了
巻数(全巻):全4巻(4巻~5巻
ジャンル:青年向け漫画ギャグ・コメディ日常系4コマ漫画
あらすじ:

高校生の鬼灯吾朗(ほおずきごろう)には、血のつながっていない義理の姉・鬼灯ハルがいる。わがままでエロいハルと、そんなハルにイタズラされて悔しいけど感じちゃう変態吾朗が織り成す変態シスコンコメディ!!

Amazon参照

スポンサーリンク