文車館来訪記(ふぐるまかんらいほうき)

8.2

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

9.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 冬目景のカラー作品。非常に繊細で綺麗な絵となっている
  • 切ない空気や人々の優しさが作画とマッチしている
  • 大部分彩色画であり、漫画というより画集に近い
  • 表紙買いあり。飾っておくだけでも十分な名品
  • 日本人形が好きな人にはおすすめ
  • 骨董品も描写もすごく良く出来ている

作品の悪い点

  • 画集を持っている方にはあまり新しさは無い
  • ストーリ性は多少薄い

 

作者:冬目景
出版社:講談社
掲載雑誌:モーニング新マグナム増刊
連載開始:1998年連載開始
連載終了:2000年連載終了
巻数(全巻):全1巻(単巻
ジャンル:オカルト・伝奇
あらすじ:

冬目景のフルカラー作品。全7話で連載され、A4サイズで画集『百景』とセットで刊行。

写し出されるココロの一葉。”思い出”を写してくれる古い写真店「文車館」。訪れた”物の怪”達は、その切ない思い出を語る――。オールカラー90ページにモノクロ新作1編を収録。

Wikipedia参照

スポンサーリンク