いざ!竜馬

7.9

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

9.0/10

作品の良い点

  • ツッコミの追い付かない怒涛のギャグ展開の連続
  • 本当にメチャクチャやりすぎてて笑う
  • 常識に囚われていては考えもつかない斬新過ぎる設定・展開
  • がんばれ元気の週刊連載の合間を縫って凄いもの描いてるなと思った

作品の悪い点

  • 合わない人はついていけないであろうメチャクチャさ

 

作者:小山ゆう
出版社:小学館
掲載雑誌:マンガくん
連載開始:1978年連載開始
連載終了:1979年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:ギャグ・コメディ
あらすじ:

主人公・塚原竜馬(つかはらたつま)は、いま10歳。日ごろから格闘技道場に通い、体と“男道”を鍛えている少年。竜馬の家庭は、いっぷう変わっている。会社づとめをいやがる出勤拒否症の父と、世間知らずで甘えん坊の母。そして、両親にかわり、家事いっさいをうけもつしっかり者の妹・静。そんな父にかわり、竜馬は、一家のささえになろうと決意。父が勤務する超一流の総合商社・巨大商事に出社をはじめたが―――!? 10歳の少年が、いま、社会の荒波に挑む!!

Amazon参照

スポンサーリンク