君のいる町

7

キャラクター

6.5/10

ストーリー

5.0/10

画力

9.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 背景・人物等作画レベルが総じて高い
  • 明日香がとても良い娘(それだけに可哀想)
  • 序盤の掴みは良かった
  • 季節を感じられる描写

作品の悪い点

  • ドロドロしすぎ
  • 主人公とヒロインの人間性
  • お色気シーンが多い
  • キャラに感情移入できない
  • 中盤からグダグダして中途半端な内容

 

作者:瀬尾公治
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン
連載開始:2008年連載開始
連載終了:2014年連載終了
巻数(全巻):全27巻(21巻~30巻以内
ジャンル:ラブコメディ青春
あらすじ:

広島県の田舎町で春から高校へ進学する主人公・桐島青大の家に突然、父親の知り合いの娘という少女・枝葉柚希が居候として東京からやってきた。青大はクラスメイト・神咲七海に中学時代から好意を寄せていく一方、同じ屋根の下で都会的で奔放な柚希と接していく中、徐々に彼女が気にかかる存在となっていく。

Wikipedia参照

スポンサーリンク