刻刻

9.1

キャラクター

9.5/10

ストーリー

8.5/10

画力

8.5/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 予想のつかない展開の数々
  • 常に家族想いで、真っ直ぐでブレない主人公
  • テンポ良く進む、ムダの少ないストーリー
  • 止界や霊回忍など独特の設定や世界観
  • 主人公家族を始めとした魅力的なキャラクター達
  • シリアスとギャグの絶妙な緩急

作品の悪い点

  • 最後の物語の解決があまりにも唐突だった
  • やや癖があって人を選ぶ絵・作風
  • やや残虐・エグい描写もあり

 

作者:堀尾省太
出版社:講談社
掲載雑誌:月刊モーニングtwo
連載開始:2008年連載開始
連載終了:2014年連載終了
巻数(全巻):全8巻(6巻~10巻以内
ジャンル:タイムトラベルカルト・宗教系ホラー
あらすじ:

佑河樹里は、無職の父 貴文、ニートの兄 翼、隠居の祖父(じいさん)と母親、シングルマザーの妹 早苗、甥 真と共に、貧乏な暮らしながらも平凡に暮らしていた。
ある日、甥と兄が幼稚園からの帰路の途中で誘拐され、犯人から樹里・父の元に身代金要求の電話が掛かってくる。犯人の要求する身代金の受け渡し期限までは30分しかなく、間に合わないと悟った樹里は、犯人と刺し違える覚悟で2人の救出へと向かう決意をする。しかしその時、じいさんが佑河家に代々伝わるという止界術を使い、時間を止める。人も物も森羅万象が止まった止界で樹里たちは2人の救出へと向かう。
しかし向かった先で、自分たち以外の動く人間たちに遭遇、急襲されてしまう。彼らは、止界術を崇める「真純実愛会」の教祖佐河順治と、幹部の柴田・宮尾、そして幼少時代に止界に入ったことのある相談役の間島翔子、さらに金で雇われた外部の人間たちであった。彼らの目的は、佑河家にあるとされる「止界術の石」を手に入れることだった。
止界術の石を巡り、樹里の「霊回忍を追い出して強制的に止者とする能力」と、じいさんの「上限10メートルの瞬間移動する能力」を使って、教祖たちとの戦いが繰り広げられる。

Wikipedia参照

スポンサーリンク