クニミツの政

7.2

キャラクター

7.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 政治についてとてもわかり易く描いている
  • 政治について考える切欠にはなる
  • 安定した作画

作品の悪い点

  • エログロ描写有り
  • 中立性がない
  • 話が荒唐無稽

 

漫画:朝基まさし × 原作:樹林伸(安童 夕馬名義)
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン
連載開始:2001年連載開始
連載終了:2005年連載終了
巻数(全巻):全27巻(21巻~30巻以内
ジャンル:政治関係
あらすじ:

ひょんな事件(『EIJI』における「サイレント·ボマー」事件)をきっかけに政治に目覚めた東京都下町のヤンキーであった武藤国光が、師匠である牧原代議士(『EIJI』に登場する江川透流の父)の命令で、坂上竜馬の秘書として新千葉ヶ崎市の市長選挙を争う物語。国光の持つ天性の強運、カリスマ性と仲間の知恵を合わせて、強敵と戦っていく。

Wikipedia参照

スポンサーリンク