クロカン

7.6

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

6.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • クロカンが発する言葉に含蓄があり考えさせられる
  • 監督が主役の珍しいマンガ作品
  • 監督が何をやらかすのかわからない展開の連続にワクワクする
  • 野球のみでなく指導者として、人物をどう育てるのかという点に触れていることが素晴らしい
  • ご都合展開は少なくリアリティがある
  • 野球部員たちの成長過程も面白い

作品の悪い点

  • 人によっては理解不能な含蓄もあり
  • 高校球児の学園での生活描写も欲しかった
  • 野球に関するある程度のルールや戦略を知っておく必要あり
  • 理屈攻めすぎる面も
  • 試合よりも腹の探り合いがメイン

 

作者:三田紀房
出版社:日本文芸社
掲載雑誌:週刊漫画ゴラク
連載開始:1996年連載開始
連載終了:2002年連載終了
巻数(全巻):全27巻(21巻~30巻以内
ジャンル:野球
あらすじ:

「ドラゴン桜」でおなじみの三田紀房が描き上げた、高校野球を舞台に型破りな野球部監督が活躍する熱血スポーツコミック! 桐野高校野球部監督・黒木竜次(くろき・りゅうじ)、通称クロカン。低迷していた桐野高校野球部を、県内の強豪に育て上げたクロカンだったが、その評判は悪く、後援会からは監督更迭の声も上がっていた。そんな中、クロカンはエース投手・正宮(まさみや)をショートにし、控えの石光(いしみつ)をピッチャーにするのだが……!? 「これからたっぷり見せてやるぜ。“クロカン野球”ってやつを……」――。

スポンサーリンク