空を斬る

7.2

キャラクター

7.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

5.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 三田紀房自身が所属した明大体育会剣道部での体験をもとに描かれた作品
  • 先輩のキャラが立っている
  • 時代錯誤と思われるしごきだが、意味もあると考えさせられる
  • 汗臭さ溢れる超スポ根
  • カバーの見返しに若き日の三田紀房(剣道部時代)がある

作品の悪い点

  • これからのところで連載終了
  • しごき描写多数
  • 汗臭い

 

作者:三田紀房
出版社:講談社
掲載雑誌:月刊アフタヌーン
連載開始:1989年連載開始
連載終了:1990年連載終了
巻数(全巻):全1巻(単巻
ジャンル:剣道大学もの
あらすじ:

スポーツが“努力と根性”から“明るく楽しく”へと看板をかけかえてからというもの、精神論はこの世からすっかり葬り去られたかと思いきや、しっかりここで生きていた!! ――“シゴキの中に俺たちの青春がある!!”汗と涙と感動の政倫(せいりん)大学体育会剣道部物語

スポンサーリンク