クズの本懐

6.9

キャラクター

6.5/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

6.5/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 設定のインパクトがとても凄い
  • 女性キャラクターのデザインが可愛い
  • ドロドロした話が好きな人にはオススメ
  • 登場人物達の歪な恋愛模様が描かれている

作品の悪い点

  • 登場人物たちの悩みがそこまで大したことがないのに大袈裟
  • 過程の描写が曖昧で、丸く収まりすぎていて腑に落ちない
  • 胸糞悪くなる内容なので好みが分かれる
  • タイトルに名前負けしている程度のクズ度

 

作者:横槍メンゴ
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊ビッグガンガン
連載開始:2012年連載開始
連載終了:2018年連載終了
巻数(全巻):全9巻(6巻~10巻以内
※本編は8巻で完結。9巻décorは番外編。
ジャンル:青年向け漫画恋愛群像劇
あらすじ:

安楽岡花火(やすらおか はなび)と粟屋麦(あわや むぎ)は一見理想の高校生カップル、しかし2人とも他に好きな人がいることを了解しながら一緒にいるのだった。花火は幼いころからお兄ちゃんと慕っていた鐘井鳴海(かない なるみ)を、麦は昔家庭教師をしてくれた皆川茜(みながわ あかね)が好きだった。それぞれ花火たちの高校の新任教師になった鐘井と茜は次第に距離を縮めていく。それを見守る花火と麦はお互いに似たところがあるのを感じ、お互いを好きにならないこと、どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れることを条件に付き合っている振りをすることになる。

Wikipedia参照

スポンサーリンク