KYŌ(キョウ)

8.3

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.5/10

画力

8.5/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

8.5/10

作品の良い点

  • どの事件もスケール・規模が大きいものばかり
  • 事件の内容がどれもちゃんと科学的根拠に基づくものばかりなのが凄い
  • 短くまとまっていて濃い内容なのが良い
  • 1巻だけなのが勿体無い出来の作品

作品の悪い点

  • 小学五年生や小学六年生という雑誌には場違いな内容のような気もする

 

原作:たかしげ宙 × 作画:皆川亮二
出版社:小学館
掲載雑誌:小学五年生小学六年生
連載開始:1995年連載開始
連載終了:1996年連載終了
巻数(全巻):全1巻(単巻
ジャンル:サスペンスミステリー
あらすじ:

日本では科学技術を悪用したとおぼしき原因不明の犯罪が多発していた。その科学犯罪を捜査するため警視庁に新設された専門部署「科学特捜課」。警視総監である祖父に依頼されアメリカから日本に帰国した、IQ250の知能を持つ12歳の少年・保科恭と、格闘技の腕は一流だがグータラで格闘ゲームマニアの久我山鏡、科学特捜課に所属する二人のKYOが事件を解決する。

Wikipedia参照

スポンサーリンク