レベルE

9.4

キャラクター

10.0/10

ストーリー

10.0/10

画力

9.0/10

演出力・構成力

10.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 冨樫義博がアシスタントを使わず一人で仕上げた作品
  • 冨樫義博という漫画家の人となりを多少なり理解出来る
  • 魅力的なキャラクター
  • ストーリ展開やオチが秀逸
  • 冨樫義博好きにはたまらない
  • ノビノビと描いているのが伝わる
  • 完成度が非常に高い

作品の悪い点

  • 若干グロテスクな世界観
  • ところどころ文字が多い

 

作者:冨樫義博
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:1995年連載開始
連載終了:1997年連載終了
巻数(全巻):全3巻(ジャンプコミックス)(2巻~3巻
   全2巻(コミック文庫・SJR)
ジャンル:宇宙ギャグ・コメディ
あらすじ:

高校進学に伴って山形で一人暮らしを始めることになった筒井雪隆は、引っ越したその日に自分より先に自分の部屋で勝手に生活している自称宇宙人の男に出会う。追い出そうとする雪隆だが、男に言いくるめられ、結局彼を同居させた上、宇宙人であることも認めざるを得なくなってしまう。落ち着く間もなく雪隆の周りに男をめぐって、人間の宇宙人研究機関員、宇宙からやって来た男を王子と呼ぶ護衛達、さらには山形周辺を縄張りとする好戦的な宇宙戦闘民族ディスクン星人まで動き出し、風雲急を告げ始める。しかし雪隆達の不安をよそに、当の本人は全く緊迫感無く悠々とショッピングを楽しんでいた。

Wikipedia参照

スポンサーリンク