リベロ革命!!

7.3

キャラクター

7.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • わかりやすい試合描写や構図
  • 絵が丁寧でシンプルなので読みやすい
  • 王道展開のスポ根ストーリー
  • テンポのいいストーリー展開

作品の悪い点

  • 消化不良な感じがする
  • ちょっと無理矢理感がある

 

作者:田中モトユキ
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊少年サンデー
連載開始:2000年連載開始
連載終了:2002年連載終了
巻数(全巻):全13巻(11巻~20巻以内
ジャンル:バレーボール
あらすじ:

背は低いがバレーボールの実力は一流の幹本要は、名門藤原学園のスカウトを受けるが、レシーブ専門のポジションリベロでのスカウトであることを知り話を蹴る。さらに背の低い要のレシーブ以外の実力を認めない藤原学園を倒すために、藤原学園に次ぐ実力を持つとされる私立青海高校に入学する。
だが、そこで要が見たものは、砂浜にネットを立てただけというあまりにも貧弱な施設とやる気のない部員達。さらに、藤原学園に次ぐ実力を持っていたのは実は“県立”青海商業高校で、“私立”青海高校のバレー部は万年1回戦負けの超弱小校であることを知らされ、要は愕然とする。
しかし、それでも打倒藤原学園を諦めない要の姿に、当初はやる気がなかった部員達も影響を受け、猛練習に励む……。

Wikipedia参照

スポンサーリンク