エム×ゼロ

7

キャラクター

6.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

6.0/10

作品の良い点

  • 女子キャラが可愛い
  • 作画安定
  • ストーリー構成が丁寧
  • 発想が面白い
  • ちょっとえっちぃ
  • 独特の魔法案
  • 頭脳戦バトル展開が良い

作品の悪い点

  • 伏線残し
  • やや中途半端
  • えっちぃシーンの量が多い
  • キャラの掘り下げをもっとやって欲しかった

 

作者: 叶恭弘
出版社: 集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:2006年連載開始
連載終了: 2008年連載終了
巻数(全巻):全10巻(6巻~10巻以内
ジャンル:バトルファンタジー高校もの
あらすじ:

主人公の九澄大賀は私立聖凪高校の入学面接試験での回答を柊愛花に大笑いされ動揺し不合格になってしまう。

愛花の事が頭から離れない九澄は新学期開始後に聖凪高校の前までやって来るが、教師の柊賢二郎に脱走生徒と勘違いされ強引に校内に連れ込まれる。実は聖凪高校とは選ばれた者だけが入学できる魔法使い養成学校だった。愛花との再会を果たし誤解を解いた九澄。しかし、資質の有無は定かではないものの魔法が使えない一般人の九澄は、規則により記憶を消されそうになる。

愛花への気持ちに気付き抵抗する九澄と、責任上解雇の危機にさらされた柊教師の思惑が一致し、校長の許可のもと九澄を入学させ、柊教師が魔力ゼロの九澄をサポートする事に。

やや治安の悪い聖凪高校で、生徒達の魔法騒動に悩まされ続ける九澄のスリリングな学校生活が始まった。

Wikipedia参照

スポンサーリンク