魔法のいろは!

6.2

キャラクター

6.0/10

ストーリー

5.0/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

5.5/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • 安定して可愛らしい絵
  • 井上和郎独特のドタバタギャグ
  • 井上和郎らしく色々ぶっ飛んでる

作品の悪い点

  • 近親ラブコメ要素
  • 打ち切りで尻切れトンボ
  • 好き嫌いが分かれる

 

作者:井上和郎
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊少年サンデー超
連載開始:2009年連載開始
連載終了:2011年連載終了
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:魔法少女ラブコメディタイムトラベル
あらすじ:

六花直樹は、戦略ネットゲーム「魔法王国」の世界的ランカー。しかし、その実は南緋立中学校に通う、ごくごく普通の中学生。勉強・容姿は中庸で、スポーツは全くダメ、女の子にモテるような気配りもできない。そんな彼の元に、ある日いきなり「直樹の未来の娘」と名乗る少女・六花いろはが現れる。
いろはが語るには、未来の直樹は科学とは異なる異法則「魔法」の全てを解き明かした男であり、その力を使って世界中の魔法使いを束ねて独立戦争を起こし、自身の手による魔法国家を樹立したという。ところが、直樹は権力を持った途端に暴走。当初は善政を布いていたものの、後に欲望と権勢を赴くままに悪用し、なんと500人もの女性と結婚。それをきっかけとして民衆の蜂起が始まり、なんといろはの時代の直樹は斬首寸前だという。
未来における直樹の斬首を回避する方法はただひとつ。直樹の暴走の原因となった中学生以降の「暗くて情けなかった青春時代」を回避して、「清く正しく明るい青春時代」を過ごさせて歴史を変えること。いろははそのために現代の直樹の下に遣わされたメッセンジャーだった。

Wikipedia参照

スポンサーリンク