めだかボックス

7.4

キャラクター

8.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 個性豊かなキャラクター達と、その多彩な能力の数々
  • 要所要所にインパクトのある展開
  • 言葉遊びやメタネタが好きな人にオススメ
  • 球磨川禊のキャラクターとしての魅力・完成度の高さ
  • 設定が色々と凝っていて面白い

作品の悪い点

  • 中盤以降からのメタネタがクドすぎる
  • 軸がぶれていて作品の方向性がイマイチわかりにくい
  • 設定と描写の乖離が激しく、説得力がない
  • インフレとご都合主義と後付のオンパレード

 

原作:西尾維新 × 漫画:暁月あきら
出版社:集英社
掲載雑誌:週刊少年ジャンプ
連載開始:2009年連載開始
連載終了:2013年連載終了
巻数(全巻):全22巻(21巻~30巻以内
ジャンル:異能バトル高校ものギャグ・コメディ
あらすじ:

文武両道・容姿端麗・質実剛健・才色兼備・有言実行……の完璧超人である箱庭学園の1年生、黒神めだか。彼女は入学したてでありながらも、生徒会長選挙で大言壮語を放った結果、98%の支持率を得て箱庭学園第98代生徒会長となる。選挙戦での公約通り「目安箱」を設置し、その投書に書かれた案件を幼馴染の人吉善吉と共に解決していく。
学園内で生徒たちのトラブルを解決していくにつれて次第に好評を博した目安箱は、いつしか「めだかボックス」と呼ばれるようになる。

Wikipedia参照

スポンサーリンク