新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ育成計画

7.7

キャラクター

9.0/10

ストーリー

7.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • 本編の鬱々しさは無く明るい
  • 良いお遊び作品
  • ヒロインたちが可愛い
  • 安定していて読みやすい絵

作品の悪い点

  • 良くも悪くも本編とは全く違った方向性の内容
  • キャラによってはキャラ崩壊を起こしている
  • (当然ながら)レイとアスカ、決着はつかない
  • ぶん投げEND

 

原作:GAINAX → GAINAX・カラー → カラー
× 漫画:高橋脩
出版社:角川書店KADOKAWA
掲載雑誌:月刊少年エース
連載開始:2005年連載開始
連載終了:2016年連載終了
巻数(全巻):全18巻(11巻~20巻以内
ジャンル:ラブコメディ中学校
あらすじ:

第3新東京市で父ゲンドウ・母ユイと一緒に暮らすシンジ。幼なじみのアスカと一緒に登校しては級友のトウジ・ケンスケにからかわれる日々。ある日、シンジは帰宅すると不思議な雰囲気を持つ少女「綾波レイ」と出会う。そして母ユイから親戚にあたるレイが同居することを告げられる。ユイとゲンドウの研究に敵対する謎の組織ゼーレとの対決やミサトが考案したシンジ達のハチャメチャな育成プログラム、そしてシンジを巡るアスカやレイの恋模様を描いたコメディストーリー。

もう一つの、明るい『エヴァ』がここにはある。

Wikipedia参照

スポンサーリンク