おとぎのまちのれな

7.3

キャラクター

7.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 「妙野町」の独特で不思議な世界観
  • クセのある絵柄だが、女性キャラクターの色っぽさがよく出ている
  • とてもフリーダムなドタバタ劇だが、それなりにストーリも整っていて面白い
  • キャラクターの動きがわかりやすい作画

作品の悪い点

  • やや過激なエロ描写
  • 絵がやや粗い

 

作者:はっとりみつる
出版社:講談社
掲載雑誌:ヤングマガジンアッパーズ
連載開始:2002年連載開始
連載終了:2004年連載終了
巻数(全巻):全7巻(6巻~10巻以内
       全3巻(愛蔵版)
ジャンル:青年向け漫画ギャグ・コメディ青春ファンタジー
あらすじ:

妙野町(おとぎのちょう)の高校2年生・御前れな(みさきれな)は、時所構わず起こる謎の発情に悩まされていた。伝説のモノノケ・ケガリチョタによって引き起こされたその身体の異変は、妙野の名とその伝説を全国へと知らしめる、町全体を巻き込んだ大騒動へと発展して行く。

Wikipedia参照

スポンサーリンク