おやすみプンプン

8

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • シナリオの上手さに引き込まれる
  • 容赦ない鬱々とした雰囲気を味わいたい人におすすめ
  • テンション下がるが続きが気になるような作品
  • 人生の残酷さにリアリティがある
  • 1つの青春物としての完成度が高い

作品の悪い点

  • 読者を選ぶ作風や表現
  • キャラの自己嫌悪や喪失感が生々しい
  • 内容が重い
  • 一度読むのをやめてしまうと、再度読む気は全くなくなる

 

作者:浅野いにお
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊ヤングサンデー → ビッグコミックスピリッツ
連載開始:2007年連載開始
連載終了:2013年連載終了
巻数(全巻):全13巻(11巻~20巻以内
ジャンル:青春
あらすじ:

小学生編

小学5年生のプンプンは、転入してきた田中愛子に一目惚れする。その日の帰り道、プンプンと愛子は宿題で出された将来の夢の話をする。

アイドルかモデルになると語る愛子に圧倒されたプンプンは、プンプンパパが手に入れた天体望遠鏡で空を眺めながら、将来は宇宙の研究者になろうと誓う。翌日、リビングでプンプンママが倒れており、傍でプンプンパパは「泥棒が入った」と必死に言い聞かせた。

Wikipedia参照

スポンサーリンク