PandoraHearts(パンドラハーツ)

7.6

キャラクター

7.5/10

ストーリー

7.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 絵が繊細で綺麗で、キャラクターのデザインなども秀逸
  • 話の展開や作りが凝っていて、伏線の回収も巧み
  • どんでん返しも多く、読者の予想を裏切る怒涛の展開
  • 作品の世界観や雰囲気が独特で魅力的

作品の悪い点

  • やや内容が難解でわかりにくく、読むのに根気がいる
  • 好みの分かれる作風
  • 内容にまとまりがなく感じる

 

作者:望月淳
出版社:スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊Gファンタジー
連載開始:2006年連載開始
連載終了:2015年連載終了
巻数(全巻):全24巻(21巻~30巻以内
ジャンル:ダークファンタジー
あらすじ:

四大公爵家ベザリウス家の次期当主・オズ=ベザリウスは、15歳の成人の儀の最中に身に覚えのない罪によって、闇の監獄・アヴィスへと堕とされる。アヴィスの中に閉じ込められた彼はそこで「血染めの黒うさぎ(ビーラビット)」と呼ばれるチェインのアリスと出会い、彼女と契約を交わすことでアヴィスから脱出することに成功する。だがそこは、10年後の世界だった。ギルバート=ナイトレイ、シャロン=レインズワース、ザークシーズ=ブレイクらと再会したオズ。アリスの失われた記憶とは何か。そしてオズの罪とは何なのか。運命の歯車が動き出す――――

Wikipedia参照

スポンサーリンク