ポリ公マン

7.8

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 不純な動機で警察になろうとする主人公だが意外にガッツがあり好感が持てる
  • 下ネタのキレは相変わらず良い
  • 一部で前作のキャラが登場してる
  • 画力が安定している

作品の悪い点

  • 下ネタ嫌いや下品なギャグが駄目な人には向いていない
  • カメレオンの作風とかぶっている

 

作者:加瀬あつし
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン
連載開始:2000年連載開始
連載終了:2001年連載終了
巻数(全巻):全4巻(4巻~5巻
ジャンル:ギャグ・コメディ
あらすじ:

幼き頃に、何をどうしてかまったく偶然にも、幼なじみの麻衣を事故から救い、町のヒーローとなった桜田裕次郎。その輝かしい栄光が忘れられず、ヒーローのプロ、警察官になることを決意! 意気揚々と警察学校の門を叩いた彼を待ち受けていたのは、鬼教官・佐久間の受け持つ少数選抜クラス=クズの集まる削除組だった! 波瀾万丈な臭いをプンプンさせて、名ばかり刑事ドラマのボス格のような裕次郎のポリ公マン伝説が始まる!!

スポンサーリンク