それが声優!

6.9

キャラクター

7.0/10

ストーリー

6.5/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

6.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • キャラクターが可愛い
  • 代わりがいくらでもいる声優の厳しさを終盤は描けていると思う
  • コンパクトに纏まってる

作品の悪い点

  • ストーリにあまり起伏がない
  • あまりリアリティは感じられない

 

原作:あさのますみ × 作画:畑健二郎
出版社:はじめまして。(同人サークル)(同人誌版)
    一迅社(一般単行本)
掲載雑誌:同人誌
連載開始:2011年連載開始(コミックマーケット81)
発刊終了:2017年連載終了(コミックマーケット92)
巻数(全巻):全12巻(同人誌版)(11巻~20巻以内
       全5巻(一般単行本)
ジャンル:4コマ漫画声優
あらすじ:

一ノ瀬双葉、萌咲いちご、小花鈴。3人はそれぞれに事情と夢を抱いて、業界に飛び込んできた新人女性声優。彼女らは偶然、共演することになったことをきっかけとして交流が始まり、友情を深めていく。彼女らは、時に声優業界の厳しい現実を目の当たりにし、友情を壊しかけ、潰されそうになりながらも、互いを思いやり励まして少しずつではあるが成長を遂げて行く。そんな中、3人が出会うきっかけとなったアニメを担当した海原プロデューサーが、彼女らを呼び出して声優ユニット「イヤホンズ」を結成すると叫びだした。声優としては、ほとんど知名度の無い3人の新人たち。そんな彼女たちのユニット活動を待つのはいかなる結果か。そのあいだにも3人の日常を襲う種々の困難、悩みや迷い、戸惑い。それでも彼女たちは「それが声優!」を合言葉に前の見えないともすれば絶望的にもなる現実をムリヤリにでも突き進んでいく。

Wikipedia参照

スポンサーリンク