蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-

7.4

キャラクター

8.0/10

ストーリー

7.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.0/10

オリジナリティー

7.0/10

作品の良い点

  • 作画が綺麗
  • ストーリー展開はオリジナルのものが多い
  • 若きし頃の餓狼レイが見れる

作品の悪い点

  • 不要なヌードシーンが多数
  • オリジナル展開好みが別れる

 

原案:武論尊原哲夫 × 漫画:猫井ヤスユキ
出版社:新潮社
掲載雑誌:週刊コミックバンチ
連載開始:2007年連載開始
連載終了:2009年連載終了
巻数(全巻):全6巻(6巻~10巻以内
ジャンル:バトル
あらすじ:

核の炎により文明が崩壊した世界。荒れ果てた世紀末の荒野には、復讐に燃える一匹の狼の姿があった。南斗水鳥拳のレイ。南斗六聖拳の中でも最も優雅華麗と呼ばれた拳の伝承者であるその男は、いまや復讐に生きる餓狼へと成り果てていた。両親を殺し、妹アイリをさらったという七つの傷の男―――。その男を見つけ出し殺すまで、レイはどんな事をしててでも生き延びねばならなかった。

Wikipedia参照

スポンサーリンク