スパイラル・アライヴ

7.7

キャラクター

7.5/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

7.5/10

オリジナリティー

7.5/10

作品の良い点

  • 本編で出番の少なかったキャラの活躍
  • 本編より明るい雰囲気
  • 個性豊かなキャラクター

作品の悪い点

  • 話の進行が遅く感じる
  • 推理要素は大したものではない

 

原作:城平京 × 作画:水野英多
出版社:エニックス → スクウェア・エニックス
掲載雑誌:月刊ガンガンWING → 月刊少年ガンガン
連載開始:2001年連載開始
連載終了:2008年連載終了
巻数(全巻):全5巻(4巻~5巻
ジャンル:ミステリー
あらすじ:

スパイラル 〜推理の絆〜』の外伝的作品。

高校2年生の関口伊万里は、同じ高校の沢村史郎に一目惚れするがふられてしまう。その後、沢村史郎は自主退学し行方をくらますが、沢村の恋人だった雨苗雪音が連続殺人事件を引き起こし、伊万里もその事件「オルゴール連続殺人事件」に巻き込まれることになる。殺された6人は中学3年生であり、全員が「ブレード・チルドレン」と呼ばれる、将来殺人鬼となる可能性のある特殊な境遇の少年少女だった。雨苗が現場にオルゴールを残したことにより、あっけなく彼女は逮捕される。だが、雨苗は動機を話そうとしなかった。

Wikipedia参照

スポンサーリンク