スプリンター

8.6

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.5/10

画力

7.5/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

10.0/10

作品の良い点

  • 誰よりも速く走ることに己の全てをかけて、肉体と精神の極限へ挑戦していく登場人物達
  • 所々に様々な狂気が顔を覗かせる、とても濃いストーリー
  • 終盤、主人公を始めとしたライバルたちが、極限状態になり壊れていく様が衝撃的
  • 短距離走をテーマにここまで壮大なスケールの話を描いた漫画はなかなか珍しい
  • スプリンター達の精神世界という独特の設定・描写・テーマ
  • 圧巻の主人公のラストレース

作品の悪い点

  • 中途半端で煮え切らない終わり方
  • 非常に危険かつ違法な特訓方法があるが真似してはいけない

 

作者:小山ゆう
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊少年サンデー
連載開始:1984年連載開始
連載終了:1987年連載終了
巻数(全巻):全14巻(11巻~20巻以内
ジャンル:陸上競技青春
あらすじ:

日本有数の大コンツェルン・結城グループ。その後継者候補として義父・結城豪太郎のもとで帝王学をしこまれる結城光16歳。そして、豪太郎の実の娘でありながら、父の援助を拒否して生きる、女子ナンバーワンスプリンター・水沢裕子16歳。まったく違う青春を選んだ二人だが、意地を張りあいつつも、やがて光と裕子は互いにひかれていく。

そして時を同じくして、コーチ・神野の強引な誘いに乗せられて、陸上短距離界にデビューした光は、100メートル走の世界へもどんどんのめりこんでいく―――

Amazon参照

スポンサーリンク