STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 恩讐のブラウニアンモーション

8.2

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.5/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

8.5/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • 本編の補完としてはとても良い内容なので、シュタゲファンにはオススメの一作
  • 鈴羽とMr.ブラウンの知られざる過去(未来?)が明かされる
  • オリジナルかつ原作に忠実な良いコミカライズ
  • 電子版にはちょっとしたオマケも

作品の悪い点

  • 本編の内容をよく知っているコ濃いファンじゃないとストーリーについていけない
  • 1巻と2巻で作画が変わってしまう

 

原作:ニトロプラス5pb. × 漫画:溝口岳史(※1巻)、吉田糺(※2巻)
出版社:エンターブレインKADOKAWA
掲載雑誌:ファミ通コミッククリア
連載開始:2010年連載開始
連載終了:2012年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:タイムトラベル
あらすじ:

未来ガジェット研究所―――――の階下。ブラウン管テレビと娘の綯(なえ)をこよなく愛する「ブラウン管工房」の主、ミスターブラウンこと天王寺裕吾(てんのうじゆうご)が主人公。ラボメンたちも知らないミスターブラウンの知られざる過去。SERN、ラウンダー、ブラウン管テレビ、そして橋田鈴(はしだすず)との知られざる関係―――――

Amazon参照

スポンサーリンク