素晴らしい世界

8.2

キャラクター

8.0/10

ストーリー

8.0/10

画力

8.0/10

演出力・構成力

9.0/10

オリジナリティー

8.0/10

作品の良い点

  • キャラの苦悩や葛藤が丁寧に描かれている
  • 短いストーリーながら読者に問いかけてくる
  • 現代人の感覚を表現するのが上手い

作品の悪い点

  • 好みが別れる作品

 

作者:浅野いにお
出版社:小学館
掲載雑誌:月刊サンデーGENE-X
連載開始:2002年連載開始
連載終了:2004年連載終了
巻数(全巻):全2巻(2巻~3巻
ジャンル:青春
あらすじ:

戸川ゆり子、23歳。大学の音楽サークルで、バンドのボーカルとギターを担当している。カラッとした性格の彼女は、後輩の男の子たちに慕われる人気者。だがその頼られまくりの状況がイヤになり、あっさり大学を辞めてしまった。かといって、その後の生活のあてはない。半年後、久しぶりに出掛けた商店街のライブハウスはつぶれており、そこで偶然再会した以前のバンド仲間・藤井も金髪・ツンツンのパンクヘアーを、ごく普通の髪形にして就職活動をしていた。さらにアパートに帰ると、なんと火事で丸焼け。24万円したギターもアンプも、通帳も印鑑も全部灰になってしまった。土手に寝ころがって呆然とするゆり子。そんな彼女の前に、ゆり子を心配して探しに来た藤井がやって来た…

Wikipedia参照

スポンサーリンク