ソードアート・オンライン マザーズ・ロザリオ

7.6

キャラクター

7.5/10

ストーリー

8.5/10

画力

7.0/10

演出力・構成力

6.5/10

オリジナリティー

8.5/10

作品の良い点

  • 原作やアニメでも具体的に描写されなかったシーンなどについても描かれているのが良かった
  • 最期の一瞬まで全力で生ききったユウキの姿に感動した
  • VR技術と医療の関わりなど、この作品ならではのテーマがあり、終末期医療の在り方などについても考えさせられる内容だった
  • 原作にはないユウキvsキリトのバトルが読める

作品の悪い点

  • シリーズ続編なので、それまでのシリーズを読んでいることが前提の内容
  • バトル描写がわかりにくい
  • 一々キリトが全力を出していないのを念押しするような描写が鼻につく

 

漫画:葉月翼 × 原作:川原礫 × キャラクターデザイン:abec
出版社:KADOKAWA
掲載雑誌:電撃文庫MAGAZINE
連載開始:2014年連載開始
連載終了:2016年連載終了
巻数(全巻):全3巻(2巻~3巻
ジャンル:家族ファンタジーサイバーパンクオンラインゲームバトル
あらすじ:

GGO(ガンゲイル・オンライン)での「死銃事件」から数週間後の2026年1月。アスナはリズたちから「絶剣」と呼ばれる超凄腕の剣士がALO(アルヴヘイム・オンライン)に現れたことを聞く。その剣士は自らの「オリジナル・ソードスキル」を賭け、1対1の「デュエル」の相手を募集しているらしい。キリトすら破ったその腕に興味を持ったアスナは、自分も「絶剣」に勝負を挑む。熱戦の末、「絶剣」ことユウキと親しくなったアスナは彼女がリーダーを務めるギルド「スリーピング・ナイツ」を紹介され、他のメンバーとも打ち解けていく。だが、ユウキにはある悲しい秘密が隠されていた。

ソードアート・オンライン シリーズでも屈指の人気を誇る感動の物語『マザーズ・ロザリオ』 編、待望のコミカライズ!!

Wikipedia参照

 

スポンサーリンク